野菜・果物の表面が白く粉っぽいのはなぜ?

本日収穫された会津小菊かぼちゃです。

かぼちゃの表面が白い粉をふいているように見えますね。

これは、「ブルーム(果粉)」と呼ばれるものが果皮表面を覆っているためです。

 

植物表面にはクチクラ(cuticula)という皮膜がありますが、

植物は自ら作り出したロウ物質でクチクラ表面を覆っています。

この表面を覆うロウ物質が「ブルーム」と呼ばれるものです。

「ブルーム」によって朝露や雨などの水分をはじくことで、細菌の繁殖を防ぐことのできるスグレモノです。

 

※クチクラ(cuticula)は英語でいうキューティクル(cuticle)のことです。

 人間が髪のキューティクルを保護するためにトリートメントを付けるように、

 植物も自分の"キューティクル"を保護しています。

 

ワックスを掛けたように表面がテカテカしたりんごや、表面が白く粉っぽい柿やキュウリ、ぶどうやブルーベリーなど、

表面を覆うブルームによって特徴的な見た目になっているものもあります。

 

新鮮で完熟した果実の「美味しさの目安」ともいわれるブルームですが、

このように光沢があったり、粉っぽかったり、水を弾く様子を見たりすると

「化学物質、農薬が付着しているのでは?」と感じる人もいるため、

市場のニーズに合わせ、出荷前にブルームの拭き取りが行われたり、

品種改良によりブルームの出ない「ブルームレス」な品種が作られるなどしています。

 

 

今日収穫された会津小菊かぼちゃは、

少しの期間追熟・乾燥させた後、表面の拭き取りをしてから出荷される予定です。

 

見かけたら、ぜひお手にとってみてください。

保存が効くので、食べるだけではなく、観賞用にも適していますよ。