校長あいさつ


 平素より本校教育活動に対しまして、ご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 本校は、明治40年に河沼郡立農業学校として創立され、大正10年に県立移管となり福島県立会津農林学校に、そして、昭和23年学制改革に伴い坂下高等女学校を合併して会津農業高等学校に、さらに、昭和29年には普通科を坂下高等学校として分離し、よく30年に会津農林高等学校となり今日に至っております。
 今年で創立113年目を向かえ、「誠実・勤勉・忍耐」の校訓のもと、長い歴史の中で培われてきた伝統や校風を脈々と受け継ぎつつ、刻々と変化する社会情勢に対応できる、柔軟な発想と創造性を持って生きていく力の育成に努めています。
 現在、「農業園芸科」・「森林環境科」・「食品加工科」の3学科を有し、授業や実習を通して、確かな学力はもとより、主体的に判断し行動できる資質や能力を育成するとともに、命の大切さや思いやり、他者を慈しむ心など豊かな人間性を育てております。約22,000名の卒業生は、農林業界はもとより、政官界、実業界、教育界で会津地域のみならず、広く国内外で活躍しております。
 今年度も、下記の教育目標を掲げ、農業教育をとおして、たくましく、社会で生き抜く力の育成に努めてまいりますので、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

2019年度 教育目標
1 確かな学力の定着を図り、主体的に学ぶ力を育てる。
2 規律と責任を重んじ、明朗で心豊かな人材を育てる。
3 望ましい勤労観や職業観を育て、生徒の希望と適性に応じた進路実現を図る。
4 地域の文化・伝統を尊重し、地域に信頼される開かれた学校づくりを推進する。       

         

  福島県立会津農林高等学校長 安田修久